​ピコの特徴

"可能性を引き出す究極の右脳教育"
<<そろばん塾ピコの特徴>> 

 

1.ピコは、幼児や小学校低学年のうちからそろばんの基本の『型』をていねいに指導しています。

 
2.ピコは、そろばんの基本がしっかりとできてから、『暗算』にはいります。

 
3.ピコは、他の習い事もしやすいように週2回のおけいこを基本としています。

 
4.ピコは、早く2級~3級を取得して通常の勉強や受験に役立ててほしいので、毎月検定実施を基本としています。

 

5.日本フラッシュ暗算検定実施教室なので、フラッシュ暗算に取り組めます。

 

★ピコは「ソロバンの達人」を育てるのが目標ではありません。子どもたちの右脳の活性化・将来の学習や受験に役立つための

技能の修得を目的としています。

<そろばんをやると、なぜ能力がアップするのでしょうか?>

 

そろばんは右脳(イメージと形)で、計算力を鍛えていきますので、幼児でもどんどん進むことができます。

 

人間は、目で見た情報を脳に伝え、自分の身体を使って行動します。行動した結果を見て、また脳が働き、 次の行動を行います。こうして人間の脳は発達していきます。

そろばんをはじく人間の指先は脳に直結した感覚器官であり、「外部に出た脳の一部」といわれます。 おなじく脳に直結した器官である目で数字を読み取り、考え、指を動かし検証をする。

 そろばんは、この能力発達のための動作を短時間で繰り返し行います。 これを繰り返しパターン化することで、「勘」「ひらめき」「直感力」などが育ってくるのです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now